今後のイベント

ギャラリートーク&旧和辻邸見学ツアー 金・土 13:00~ 
※次回開催日未定
展示室と旧川喜多邸別邸(旧和辻哲郎邸)を解説付きでご案内します。別邸では国内外の映画人から親しまれた川喜多かしこの着物を展示します。(約30分)




※雨天の場合は旧和辻邸の見学が中止となる場合があります。
要展示観覧料 *展示室入口周辺に集合
映画談話室 5月30日(土)『絞死刑』上映後
※映画開始時刻14:00
※中止いたしました

< 映画談話室とは?

当館スタッフが進行役となり、上映作品の解説も盛り込みながら、映画について皆様と語り合う時間です。(約30分)ゲストの方にご登壇いただくこともあります。 出入り自由です。ぜひお気軽にご参加ください。>

『絞死刑』については、こちら
※先着51名
トークイベント「体験的ATGポスターデザイン論:映画ポスターの熱い時代を生きた男」 6月6日(土)14:00~ ゲスト:檜垣紀六 さん(映画広告図案士) 東宝アート・ビューロー(株)/現・TOHOマーケティング(株)所属のデザイナーとして、ATG公開全作品の約3分の1ものポスターデザインを手掛けた檜垣紀六さん。檜垣さんにとってATGの仕事とはどんなものだったのでしょうか。1960~70年代の映画ポスター界を知り尽くしている檜垣さんに、ATGのポスター創りのコンセプトから、デザインワークの具体的なプロセス、業界の厳しい制約を乗り越えて生み出された工夫など、ご自身の長年の経験をあますところなく語っていただきます。 [トークイベント料金]一般:1000円、小・中学生:500円
『秋刀魚の味』+アフタートーク「松竹映画の名作を世界へ ~国際映画祭の舞台から~」
【松竹キネマ100周年記念アフタートーク】
6月7日(日)13:30~(※映画開始時刻) ゲスト:小松士恩さん(松竹株式会社メディア事業部海外版権室) 大正9 年(1920年)に松竹キネマが発足してから、令和2 年(2020年)で 100 周年を迎えます。これを記念して、松竹映画を代表する名作の上映とアフタートークを開催します。

『秋刀魚の味』については、こちら

☆3月8日に開催中止となった上映+アフタートークを開催いたします。
松竹大船撮影所を代表する小津安二郎監督と名撮影監督、厚田雄春氏の代表作を、ぜひこの機会にご覧ください。

3月臨時休館中の映画鑑賞券を購入されたお客様:
当館窓口にて払い戻しをいたします。お手数をおかけいたしますが、映画鑑賞券をご持参のうえ、窓口にお申し出ください。払い戻しは、上映日より1年間対応いたします。
[映画鑑賞料金]一般:1000円 小・中学生:500円
映画談話室 6月13日(土)『お葬式』上映後
※映画開始時刻14:00
< 映画談話室とは?

当館スタッフが進行役となり、上映作品の解説も盛り込みながら、映画について皆様と語り合う時間です。(約30分)ゲストの方にご登壇いただくこともあります。 出入り自由です。ぜひお気軽にご参加ください。>

『お葬式』については、こちら
※先着51名

※チケット購入後の日時変更および払い戻しは一切お受けできません。
※販売枚数に達した場合、当日券の販売はございません。
※ご購入いただいたチケットで展示室もご覧になれます。