上映作品

嵐を呼ぶ男(100分/1957年/日活/カラー/35mm) 7月17日(水)、18日(木)、21日(日)
上映開始:
7月17日(水)10:30、18日(木)14:00、21日(日)14:00
(原作・脚本)井上梅次監督 出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、岡田真澄

《優秀映画鑑賞推進事業》日本映画黄金期 嵐を呼んだスターたち
[料金] 一般:500円 小・中学生:250円 7月2日(火)より発売
実兄・石原慎太郎の小説を映画化した『太陽の季節』で鮮烈なデビューを飾った石原裕次郎が、 “歌う映画スター”としての地位を決定的にした記念碑的作品。流しのジャズ・ドラマーが成功を夢見る姿を描き出した本作は、前作『俺は待ってるぜ』同様、主題歌と共に 大ヒットした。ヒロインの北原三枝とは数々の作品で共演後、1960年に結婚。
隠し砦の三悪人(138分/1958年/東宝/白黒/35mm) 7月17日(水)、19日(金)、20日(土)
上映開始:
7月17日(水)14:00、19日(金)10:30、20日(土)10:30
(脚本)黒澤明監督 脚本:菊島隆三、小国英雄、橋本忍
出演:三船敏郎、上原美佐、千秋実、藤原釡足、志村喬

《優秀映画鑑賞推進事業》日本映画黄金期 嵐を呼んだスターたち
[料金] 一般:500円 小・中学生:250円 7月2日(火)より発売
戦国時代を舞台に、宝探しや敵陣内での追っかけなど手に汗握る展開を盛り込み、シネマスコープの迫力ある画面が堪能できる、黒澤作品の中でも特に娯楽性が高い作品として知られる。黒澤映画が生んだ大スター・三船敏郎による馬上のアクションは見応えたっぷり。かの有名な『スター・ウォーズ』にも本作のアイディアが使われている。
暁の脱走(110分/1950年/新東宝/白黒/35mm) 7月18日(木)、7月20日(土)
上映開始:
7月18日(木)10:30、7月20日(土)14:00※映画談話室あり
・脚本:谷口千吉監督 出演:池部良、山口淑子、小沢栄、伊豆肇、若山セツコ

《優秀映画鑑賞推進事業》日本映画黄金期 嵐を呼んだスターたち
[料金] 一般:500円 小・中学生:250円 7月2日(火)より発売
戦後の文壇で“肉体の解放”を主張し脚光を浴びた田村泰次郎の「春婦伝」を映画化。占領下の厳しい検閲のもと、黒澤と谷口による脚本は幾度も書き直しを命じられ、難産の末に完成を見た。『青い山脈』の大ヒットでスターとなった池部良と李香蘭として満映で活躍した山口淑子が、敗戦間近の中国戦線で恋に落ちる上等兵と慰問団の歌手を演じる。
悪名(94分/1961年/大映/カラー/35mm) 7月19日(金)、21日(日)
上映開始:
7月19日(金)14:00、21日(日)10:30
田中徳三監督 原作:今東光
脚色:依田義賢 
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、水谷良重、中田康子

《優秀映画鑑賞推進事業》日本映画黄金期 嵐を呼んだスターたち
[料金] 一般:500円 小・中学生:250円 7月2日(火)より発売
大映の看板スターであった勝新太郎と田宮二郎が、喧嘩は強いが人情に弱いやくざコンビを演じ、興行的にも大ヒットして計15作にわたるシリーズとなった第1作目。娯楽映画ではあるが、日本映画の巨匠・溝口健二の作品を支えた一流のスタッフが画面の隅々まで行き届いた技術力を発揮し、撮影所全盛期の質の高い映画作りを味わうことができる。
招かれざる客(108分/1967年/アメリカ/カラー/DCP) 7月23日(火)、24日(水)、26日(金)、28日(日)
上映開始:
7月23日(火)10:30、24日(水)14:00、26日(金)14:00、28日(日)14:00
スタンリー・クレイマー監督 出演:スペンサー・トレイシー、キャサリン・ヘプバーン、シドニー・ポワチエ、キャサリン・ホートン [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月2日(火)より発売
人種差別反対を謳う新聞社を経営する両親の元に、黒人医師と結婚を誓った白人の娘が訪れるも、いざ当事者となると複雑な心境を隠せない両親を描いた家族ドラマの名作。本作でヘプバーンはアカデミー賞を受賞、またトレイシーの遺作となった。
ラ・ラ・ランド(128分/2016 年/アメリカ/カラー/DCP) 7月23日(火)、25日(木)、27日(土)、28日(日
上映開始:
7月23日(火)14:00、25日(木)14:00、27日(土)14:00、28日(日)10:30
デミアン・チャゼル監督 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、J・K・シモンズ [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月2日(火)より発売
ジャズピアニストと女優としての成功を夢見てロサンゼルスにやってきた男女の出会いと恋の行方を、ロマンチックかつほろ苦く描くミュージカル・ラブストーリー。2016 年度のアカデミー賞では、主演女優賞を含む6部門で受賞を果たした。
パリ、テキサス(146分/1984 年/西ドイツ・フランス/カラー/Blu-ray) 8月6日(火)、10日(土)、8日(木)、11日(日)
上映開始:
8月6日(火)10:30、10日(土)10:30、8日(木)14:00、11日(日)14:00
ヴィム・ヴェンダース監督 出演:ハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキー、ハンター・カーソン [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
テキサス州の町パリを目指す男のさすらいを、失踪した妻との再会と別れ、置き去りにした子どもとの和解を通して描く。哀感漂う音楽、テキサスの荒涼とした風景など、ロードムービーの傑作として名高い。カンヌ映画祭最高賞受賞。
ベルリン・天使の詩(128分/1987年/西ドイツ・フランス/カラー/Blu-ray) 8月6日(火)、9日(金)、11日(日)
上映開始:
8月6日(火)14:00、9日(金)14:00、11日(日)10:30
ヴィム・ヴェンダース監督 出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、ピーター・フォーク [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
ベルリンの街を主人公に、人間になることを夢見る天使が、空中ブランコ乗りの少女に恋をするファンタジックな名作。映画の最後は、ヴェンダースが敬愛してやまない小津安二郎等に捧げるクレジットで締められている。カンヌ映画祭監督賞受賞。
アンダーグラウンド(171分/1995年/フランス・ドイツ・ハンガリー/カラー/DCP) 8月7日(水)、10日(土)、9日(金)
上映開始:
8月7日(水)14:00、10日(土)14:00、9日(金)10:00
エミール・クストリッツァ 監督 出演:ミキ・マノイロヴィッチ、ミリャナ・ヤコヴィッチ、ラザル・リストフスキー、スラヴコ・スティマチ [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
ナチス・ドイツに占領された第二次世界大戦から、1990年代の内戦に至るユーゴスラビアの激動の歴史と、その時代を逞しく生き抜いた人々を、印象深い民族音楽、唯一無二の映像感覚で描いた一大傑作。カンヌ映画祭最高賞を受賞。
【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
この世界の片隅に(128分/2016年/カラー/DCP)
8月12日(月・振休)、16日(金)~18日(日)
上映開始:
8月12日(月・振休)10:30、16日(金)14:00◆、17日(土)10:30、18日(日)10:00 ◇☆
◆16日(金)14:00の回は、バリアフリー上映
◇18日(日)10:00の回は親子上映会☆上映後トークあり
片渕須直監督 原作:こうの史代
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞
[料金] 一般:1000円、小・中学生:500円
★6/16バリアフリー上映 障がい者手帳をお持ちの方/介助者1名の方は
一般500円、小・中学生:250円
☆6/18親子上映会 500円
7月20日(土)より発売
広島市江波で育った18歳のすずは、昭和19年、軍港の街・呉へと嫁ぐ。戦争が激化するなか丁寧に工夫しながら日々を生きていくすず。そして、昭和20年の夏がやってくる…。世界各国で公開され、愛され続ける本作は、ヒロシマを後世へと伝える珠玉のアニメーション。

◆16日(金)14:00 バリアフリー上映
日本語字幕付き・音声ガイドによる上映です。耳の不自由な方には日本語字幕が鑑賞の手助けとなり、目の不自由な方はスマートフォンにダウンロードしたUDCastというアプリを使い、イヤホンを使って場面解説を聞きながら映画をご鑑賞いただけます。

料金:一般500円 小・中学生250円
※障がい者手帳をお持ちの方、及び介助者1名が対象です。
申込方法:7月20日(土)午前9時より
 電話(0467-23-2500)
 FAX(0467-23-2503)
 メール(contact@kamakura-kawakita.org)
 のいずれかの方法でお申込みいただけます。
 申込の際は①氏名②人数③UDCast貸出希望の有無④連絡先をお知らせください。
 *ご自身のスマートフォンにUDCastアプリをダウンロードしてお使いいただけます。イヤホンと併せてご持参ください。詳細はこちら→http://udcast.net/
 *チケットが完売した時点で、申込受付は終了させていただきます。

◇18日(日)10:00 親子上映会
☆上映後、鎌倉市被爆者の会の方に戦争体験のお話をしていただきます。
料金:一律 500円(未就学児は無料)
対象:中学生までのお子様と保護者の方
※大人の方お一人での参加はできません。 定員:51名(先着順)
申込方法:7月20日(土)午前9時より
 電話(0467-23-2500)にて受付ます。
 名前、人数、年齢、電話番号をお伝えください。

☆<鎌倉市被爆者の会>
1967年(昭和42年)に神奈川県原爆被災者の会の支部としては最も早く発足。市内在住の被爆者の健康と福祉の増進を図るとともに、広島・長崎の原子爆弾被害の生き証人として核兵器の全廃を目指すための活動を行っている。
【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
蜂の巣の子供たち(1948年/86分/白黒/35mm)
8月12日(月・振休)、16日(金)
上映開始:
8月12日(月・振休)14:00、16日(金)10:30
清水宏監督 出演:島村俊作、夏木雅子、御庄正一、久保田晋一郎、岩本豊、千葉義勝 [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
戦災孤児たちを引き取り生活していた清水宏監督が、その子供たちを出演させてオール・ロケーションで撮影した独立プロ作品。復員兵と戦災孤児たちが、下関から広島、神戸と山陽道を歩いて行く。戦後間もない広島の荒涼とした風景が貴重な記録ともなっている。
【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
この子を残して(128分/1983年/カラー/35mm)
8月14日(水)、15日(木)、18日(日)
上映開始:
8月14日(水)10:30、15日(木)14:00*映画談話室あり、18日(日)14:00
木下惠介監督 加藤 剛、十朱幸代、大竹しのぶ、麻丘めぐみ、神崎 愛、山口 崇、淡島千景 [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
長崎で被爆した医学博士・永井隆の同名手記を原作に、木下惠介監督が戦争と原爆への怒りを込めつつ、親子の深い絆を描いた反戦映画。ヨハネ・パウロ2世による演説、峠三吉、原民喜の原爆詩が巨大なオープン・セットで再現された原爆投下直後の長崎と共に平和を訴える。
【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
ひろしま デジタルリマスター版(104分/1953年/白黒/DCP)
8月14日(水)、15日(木)、17日(土)
上映開始:
8月14日(水)13:30*舞台挨拶☆上映後トークあり、15日(木)10:30、17日(土)13:30☆上映後トークあり
関川秀雄監督 月丘夢路、岡田英次、原 保美、利根はる恵、加藤 嘉、山田五十鈴、岸 旗江 [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
自らも広島で被爆した教育学者・長田新が編纂した文集「原爆の子~広島の少年少女のうったえ」をもとに映画化。当時の広島の市民ら約8万8千人が出演し、原爆が投下された直後の惨状を克明に再現した。1955年、第5回ベルリン国際映画祭にて長編映画賞を受賞。

*8月14日(水)13:30上映前に「奇跡への情熱・・・核廃絶プロジェクト」代表プロデューサー・小林開氏による舞台挨拶があります。
☆8月14日(水)13:30、17日(土)13:30上映後、鎌倉市被爆者の会の方に戦争体験のお話をしていただきます。

<鎌倉市被爆者の会>
1967年(昭和42年)に神奈川県原爆被災者の会の支部としては最も早く発足。市内在住の被爆者の健康と福祉の増進を図るとともに、広島・長崎の原子爆弾被害の生き証人として核兵器の全廃を目指すための活動を行っている。
ガンジスに還る(99 分/2016年/インド/カラー/DCP) 8月20日(火)、21日(水)、23日(金)、25日(日)
上映開始:
8月20日(火)10:30、21日(水)14:00、23日(金)14:00、25日(日)14:00
シュバシシュ・ブティアニ監督 出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル、ギータンジャリ・クルカルニ、ナヴニンドラ・ベヘル [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
死期を悟り聖地バラナシで最期を迎えたいと宣言した父と、戸惑いながらも付き添うことにした仕事人間の息子。死を待つ人々が集う「解脱の家」で、衝突しながら関係をほぐしていく家族の姿を、雄大なインドの自然や死生観と共に描く。
家(うち)へ帰ろう(93分/2017年/スペイン・アルゼンチン/カラー/DCP) 8月20日(火)、22日(木)、24日(土)、25日(日)
上映開始:
8月20日(火)14:00、22日(木)14:00、24日(土)14:00、25日(日)10:30
パブロ・ソラルス監督 出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズ、マルティン・ピロヤンスキー [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 7月20日(土)より発売
第二次大戦のホロコーストを生き延び、現在はアルゼンチンに暮らすユダヤ人の老人が、かつて自分を救ってくれた親友を探すため、たった一人で母国ーランドへ向かう旅を描く。残酷な記憶と様々な出会いが交差する感動のロードムービー。
僕の村は戦場だった(94分/1962年/ソ連/白黒/Blu-ray) 9月3日(火)、5日(木)、7日(土)
上映開始:
9月3日(火)10:30、5日(木)14:00、7日(土)14:00
アンドレイ・タルコフスキー監督 出演:ニコライ・ブルリャーエフ、ワレンティン・ズブコフ、エフゲニー・ジャリコフ [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
ソ連を代表する映画監督タルコフスキーの長編第一作。第二次大戦下のソビエトで、ドイツ軍によって家族を失い復讐心に燃える少年が、偵察任務の果てに命を落とすまでを、幻想とリアリズムを交えて描く。ヴェネチア国際映画祭最高賞を受賞。

ケトとコテ(90分/1948 年/ソ連/白黒/DCP)
(短編『映像』を併映)
9月3日(火)、7日(土)、8日(日)
上映開始:
9月3日(火)14:00、7日(土)10:30、8日(日)13:30【特別上映】
ヴァフタング・タブリアシュヴィリ監督、シャルヴァ・ゲデヴァニシュヴィリ監督 出演:メデア・ジャパリゼ、バトゥ・クラヴェイシュヴィリ [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
第二次大戦直後の困難な時代に作られ、ジョージアの人々に愛され続ける国民的ミュージカル映画。貴族を夢みる商人の父に結婚させられそうになる娘のケトと、ケトを愛する詩人コテの恋の顛末を描く。2010年製作の短編ドキュメンタリーを併映。
葡萄畑に帰ろう(99分/2017年/ジョージア(グルジア)/カラー/DCP) 9月4日(水)、6日(金)、8日(日)
上映開始:
9月4日(水)14:00、6日(金)14:00、8日(日)10:30
エルダル・シェンゲラヤ監督 出演:ニカ・タヴァゼ、ニネリ・チャンクヴェタゼ、ナタリア・ジュゲリ [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
大臣の職を満喫していた主人公が、権力争いの中で地位を追われ、故郷に残した母の元で人生を再生していく様を、ユーモラスかつ寓話的に描き出す。 ジョージアの魂ともいえるワインが、風刺と優しさに満ちた作品に薫り高く寄り添っている。
1987、ある闘いの真実(129 分/2017年/韓国/カラー/DCP) 9月16日(月祝)、19日(木)、21日(土)
上映開始:
9月16日(月祝)10:30、19日(木)14:00、21日(土)13:30【特別上映】
チャン・ジュナン 監督 出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、パク・ヒスン、ソル・ギョング、カン・ドンウォン [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
1987年、軍事政権下の韓国で民主化運動の転換点となった大学生の拷問死を題材に、隠蔽に奔走する警察や反旗を翻す検事をはじめ、記者や看守、学生など様々な立場から描いた群像劇。国家権力に対抗した民衆の力が衝撃と共に訴えかける。
恋恋風塵(れん れん ふう じん)〈デジタルリマスター版〉(110分/1987年/台湾/カラー/DCP) 9月16日(月祝)、20日(金)、22日(日)
上映開始:
9月16日(月祝)14:00★映画談話室あり、20日(金)10:30、22日(日)14:00
侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督 出演:ワン・ジンウェン、シン・シューフェン、リー・ティエンルー [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
1960 年代の台湾を舞台に、幼なじみの少年と少女が、都会に出て働きながら愛を深め、やがて兵役をきっかけに離れ離れになるまでを描く。ノスタルジックな映像と静かな語りによって、国を超えて響き合う青春の日々が鮮やかに浮かび上がる。
初恋のきた道(89分/1999年/アメリカ・中国/カラー/DCP) 9月18日(水)、20日(金)、22日(日)
上映開始:
9月18日(水)14:00、20日(金)14:00、22日(日)10:30
張芸謀(チャン・イーモウ)監督 出演:チャン・ツィイー、チョン・ハオ、スン・ホンレイ、チャオ・ユエリン [料金] 一般:1000円 小・中学生:500円 8月17日(土)より発売
中国を代表する女優チャン・ツィイーの映画デビュー作。都会からやってきた若い教師に恋をした少女が、文革の波で離れ離れになった後も、町へと続く一本道で彼を待ち続ける日々を、回想形式で描く。ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。

※先売り券は、記念館窓口、島森書店鎌倉店(鎌倉駅東口)、たらば書房(鎌倉駅西口)、上州屋(大船駅東口)にて発売しております。
※チケット購入後の日時変更および払い戻しは一切お受けできません。
※販売枚数に達した場合、当日券の販売はございません。
※ご購入いただいたチケットで展示室もご覧になれます。
※画・音の良好でないものがあります。場合によっては上映素材・作品の変更がありますことをご了承ください。