嵐を呼ぶ男(100分/1957年/日活/カラー/35mm)

7月17日(水)、18日(木)、21日(日) 実兄・石原慎太郎の小説を映画化した『太陽の季節』で鮮烈なデビューを飾った石原裕次郎が、 “歌う映画スター”としての地位を決定的にした記念碑的作品。流しのジャズ・ドラマーが成功を夢見る姿を描き出した本作は、前作『俺は待ってるぜ』同様、主題歌と共に 大ヒットした。ヒロインの北原三枝とは数々の作品で共演後、1960年に結婚。



日時:7月17日(水)10:30、18日(木)14:00、21日(日)14:00 監督:(原作・脚本)井上梅次監督 出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、岡田真澄

《優秀映画鑑賞推進事業》日本映画黄金期 嵐を呼んだスターたち
料金: 一般:500円 小・中学生:250円 (7月2日(火)より発売)