【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
ひろしま デジタルリマスター版(104分/1953年/白黒/DCP)

2019年8月14日(水)、15日(木)、17日(土) 自らも広島で被爆した教育学者・長田新が編纂した文集「原爆の子~広島の少年少女のうったえ」をもとに映画化。当時の広島の市民ら約8万8千人が出演し、原爆が投下された直後の惨状を克明に再現した。1955年、第5回ベルリン国際映画祭にて長編映画賞を受賞。

*8月14日(水)13:30上映前に「奇跡への情熱・・・核廃絶プロジェクト」代表プロデューサー・小林開氏による舞台挨拶があります。
☆8月14日(水)13:30、17日(土)13:30上映後、鎌倉市被爆者の会の方に戦争体験のお話をしていただきます。

<鎌倉市被爆者の会>
1967年(昭和42年)に神奈川県原爆被災者の会の支部としては最も早く発足。市内在住の被爆者の健康と福祉の増進を図るとともに、広島・長崎の原子爆弾被害の生き証人として核兵器の全廃を目指すための活動を行っている。



日時:8月14日(水)13:30*舞台挨拶☆上映後トークあり、15日(木)10:30、17日(土)13:30☆上映後トークあり 監督:関川秀雄監督 月丘夢路、岡田英次、原 保美、利根はる恵、加藤 嘉、山田五十鈴、岸 旗江 料金: 一般:1000円 小・中学生:500円 (7月20日(土)より発売)