【夏のシネマセレクション:ヒロシマ・ナガサキ】
この世界の片隅に(128分/2016年/カラー/DCP)

2019年8月12日(月・振休)、16日(金)~18日(日) 広島市江波で育った18歳のすずは、昭和19年、軍港の街・呉へと嫁ぐ。戦争が激化するなか丁寧に工夫しながら日々を生きていくすず。そして、昭和20年の夏がやってくる…。世界各国で公開され、愛され続ける本作は、ヒロシマを後世へと伝える珠玉のアニメーション。

◆16日(金)14:00 バリアフリー上映
日本語字幕付き・音声ガイドによる上映です。耳の不自由な方には日本語字幕が鑑賞の手助けとなり、目の不自由な方はスマートフォンにダウンロードしたUDCastというアプリを使い、イヤホンを使って場面解説を聞きながら映画をご鑑賞いただけます。

料金:一般500円 小・中学生250円
※障がい者手帳をお持ちの方、及び介助者1名が対象です。
申込方法:7月20日(土)午前9時より
 電話(0467-23-2500)
 FAX(0467-23-2503)
 メール(contact@kamakura-kawakita.org)
 のいずれかの方法でお申込みいただけます。
 申込の際は①氏名②人数③UDCast貸出希望の有無④連絡先をお知らせください。
 *ご自身のスマートフォンにUDCastアプリをダウンロードしてお使いいただけます。イヤホンと併せてご持参ください。詳細はこちら→http://udcast.net/
 *チケットが完売した時点で、申込受付は終了させていただきます。

◇18日(日)10:00 親子上映会
☆上映後、鎌倉市被爆者の会の方に戦争体験のお話をしていただきます。
料金:一律 500円(未就学児は無料)
対象:中学生までのお子様と保護者の方
※大人の方お一人での参加はできません。 定員:51名(先着順)
申込方法:7月20日(土)午前9時より
 電話(0467-23-2500)にて受付ます。
 名前、人数、年齢、電話番号をお伝えください。

☆<鎌倉市被爆者の会>
1967年(昭和42年)に神奈川県原爆被災者の会の支部としては最も早く発足。市内在住の被爆者の健康と福祉の増進を図るとともに、広島・長崎の原子爆弾被害の生き証人として核兵器の全廃を目指すための活動を行っている。



日時:8月12日(月・振休)10:30、16日(金)14:00◆、17日(土)10:30、18日(日)10:00 ◇☆
◆16日(金)14:00の回は、バリアフリー上映
◇18日(日)10:00の回は親子上映会☆上映後トークあり
監督:片渕須直監督 原作:こうの史代
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞
料金: 一般:1000円、小・中学生:500円
★6/16バリアフリー上映 障がい者手帳をお持ちの方/介助者1名の方は
一般500円、小・中学生:250円
☆6/18親子上映会 500円