現在の企画展

特別展:鎌倉の映画人 
映画女優 原節子

yr%RU_ 2016年3月18日(金)~7月10日(日)

〜 美しき微笑と佇まい、スクリーンに輝いた大スターを偲んで 〜

戦前から戦後にかけて日本映画の黄金期に活躍し、こつ然と銀幕を去った後、鎌倉で終生を過ごした原節子。昨年、その訃報が届き、多くの人々が偉大な映画女優の逝去に深い追悼の意を表しました。小津安二郎監督による『晩春』『麦秋』『東京物語』で演じた「紀子」の品性に満ちた美しさや、成瀬巳喜男監督、黒澤明監督などの作品で演じた女性像は、映画を愛する人々の心に永遠に刻まれていることでしょう。

本企画展では、公私ともに親交の深かった写真家・秋山庄太郎による他では見る機会の少ない貴重なポートレートの数々を展示いたします。また、日独合作映画『新しき土』のドイツ公開にあわせて渡欧した際の写真アルバムや特別映像もご覧いただきます。関連作品の上映では、鎌倉文士の永井龍男、今日出海原作の映画化作品の上映もございます。鎌倉における本企画展にて、映画女優・原節子を偲び、皆様の思いを馳せていただく機会になれば幸いです。

 

 

協力:秋山庄太郎写真芸術館、石島葉子、一般社団法人 映画演劇文化協会、弘子文庫、東京国立近代美術館フィルムセンター、永井賴子     (敬称略・五十音順)