現在の企画展

映画と音楽の素敵な出会い

2017年7月7日(金)~9月10日(日)

“My Favorite Things”(私のお気に入り)という曲が聴こえてきたら、あなたは「そうだ京都、行こう」と思い立ちますか? それともジュリー・アンドリュースがこどもたちに囲まれている『サウンド・オブ・ミュージック』の一幕を思い浮かべますか? あるいは“ハリー・ライムのテーマ”を聴いたら、『第三の男』のオーソン・ウェルズのしたり顔がみえてきますか? それともやっぱりビールが飲みたくなりますか? 名作の映画音楽は、今や私たちの生活に広く浸透しています。気になる音楽をきっかけに映画をみるのも良いでしょう。大好きな映画のメロディは、スクリーンを通して異世界へと出かけたあなたの旅の思い出”souvenir”として、いつまでもそばに残しておくことができる記念品と言えるかもしれません。

本企画展では、そんな映画音楽の素晴らしさに焦点をあて、クラシックからモダンジャズ、ポップスなど様々なジャンルにおける映画と音楽の素敵な共演・協奏を辿ります。

 

協力:小野里徹氏、根本隆一郎氏、原川順男氏、藤本秀則氏、松本経氏、東京国立近代美術館フィルムセンター