【鎌倉シネサロン:有風亭・青木登のかまくら映画案内 】
~映画『力俥—RIKISHA—』 上映×トークイベント~

2019年6月8日(土)10:30~12:30/14:00~16:00

青木 登さん(「有風亭」)、 アベユーイチ監督

“鎌倉と映画”をテーマに開催している「鎌倉シネサロン」。今回は、東日本で初となる観光人力車を鎌倉で開業し、36年もの長きにわたって鎌倉のおもてなしを代表してきた青木登さんによる「かまくら映画案内」と題したイベントを開催します。青木さんが人力俥監修として携った映画『力俥―RIKISHA―』から「鎌倉純愛編」と「草津熱湯編」を上映します。上映後は、本作を手掛けたアベユーイチ監督にもお越しいただき、お二人で鎌倉と映画の魅力を語っていただきます。

10:30/14:00 ※各回同じ内容です
青木登さんによる映画案内(10分)
『力俥―RIKISHA― 鎌倉純愛編』(25分)上映
『力俥―RIKISHA― 草津熱湯編』(32分)上映

〈休憩 10分〉
トークイベント ゲスト:青木 登さん(「有風亭」) × アベユーイチ監督 (40分)

【ゲスト・プロフィール】

青木 登さん(観光人力車 有風亭)
1948年生まれ。様々な職業を経て、1984年に東日本で初となる観光人力車業を鎌倉にて開業。車夫として36年のキャリアは国内最長を誇る。2003年には人力車の車夫としては国内初となる著書「人力車が案内する鎌倉」を光文社より出版。観光人力車を通じて鎌倉の商業・観光の振興に貢献してきた実績は鎌倉市民にも高く評価され、今日その姿は「鎌倉の原風景そのもの」とまで称されている。2018年には著書「鎌倉には青木さんがいる」を地元鎌倉の出版社、有限会社1ミリより出版。

アベユーイチさん(映画監督)
1964年生まれ、山形県酒田市出身。映画監督や演出以外にもCG、富士急ハイランド『ガンダム・ザ・ライド』プレショー参加など様々な活動を展開。多彩な作品を手がける。ドラマ『BUNGO-日本文学シネマ-「黄金風景」』『おくさまは18歳』、『ウルトラマンギンガ』『ウルトラマンX』『ウルトラマンオーブ』等、平成『ウルトラマン』シリーズ。アニメ『SDガンダムフォース』『エグザムライ』。映画『Jam Films S「すべり台」』『実写テニスの王子様』『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』ほか多数。


「力俥-RIKISHA-」とは・・・
フランスで2013年に行われたサブカルチャーイベント“Cartoonist”に招待された、漫画・アニメ・特撮のフィールドで活躍するクリエイターたちが、日本の風景・心を違った形で楽しんでもらいたいと自分たちで創りあげた作品、それが実写短編映画『力俥-RIKISHA-』です。1作目となる【鎌倉純愛編】はフランスで大好評を博し、その熱い評価を受けて2作目となる【草津熱湯編】が制作されました。2018年には3作目【浅草立志編】、4作目【すみだ旅立ち編】が完成、同年12月には全作DVDで発売されています。

協力:有風亭、力俥亭、東映ビデオ株式会社、「力俥」製作委員会
HP:rikisha-movie.jp Twitter:Rickshaw2012

[イベント参加費]各回一般500円 小・中学生250円 チケット発売日:5月18日(土)