アフタートーク「父・堀口大學が愛したフランス詩」
【かまくら世界映画週間<フランス篇>】

2016年10月29日(土)15:15~

堀口すみれ子さん(詩人/随筆家)

旧和辻邸庭園にてアフタートーク

ヴェルレーヌやボードレール、ジャン・コクトーの詩を翻訳し、日本の近代詩に西欧の新しい風を吹き入れた仏文学者/詩人の堀口大學。19歳から33歳までを海外で暮らし、戦後は葉山に移り住み、生涯をこの地で暮らしました。そんな父の傍らで育ち、葉山の海辺や鎌倉の散歩道をともに歩んだ長女のすみれ子さんにお越しいただき、フランスの詩や言葉、文化との関わり、ご家族でともに過ごされた日々のことを中心に、お話を伺います。

※天候によって会場が変更になる場合がございます。

[アフタートーク料金] 無料 
※本特集の映画チケットをお持ちの方にご参加いただけます。当日29日午前9時より記念館窓口にて整理券を配布します(先着50名)
映画チケット:10月1日(土)より発売
【かまくら世界映画週間<フランス篇>】『夜ごとの美女』『歴史は女で作られる』『忘れえぬ慕情』『二十四時間の情事』