ー映画でつながる国・人・仕事ー
つむぐもの(109分)+アフタートーク

2019年10月20日(日)13:30

犬童一利さん

人が最期まで自分らしく生きることとはー。

人生とは、介護とは、何か? -世界一の長寿国、日本。わたしたち一人ひとりが安心して老いを迎えるには・・・。

『つむぐもの』上映後に犬童一利監督に登壇いただき、今あらためて考える地域社会と介護の仕事についてトークイベントを行います。日韓のこと、終活のこと、人のささやかな願いを叶えサービスをする介護の仕事のこと・・・。映画を通じてみえてくる現代社会の人と人の関係の在り方を、鑑賞後に皆さんと一緒に考えます。


主催:市民活動団体らしくる鎌倉
共催:川喜多・KBSグループ【鎌倉市川喜多映画記念館指定管理者】
連携:西鎌倉CONNECT/ケアサロンさくら/ワーキングデイわかば/西鎌倉地区社協/鎌倉NPOファンド助成金事業

[上映+アフタートーク料金]一般:500円 小・中学生:250円 チケット発売日:10月1日(火)