今年も「はじめてのシナリオ」教室を開催しました!

19/04/12

「映画やテレビドラマのシナリオってどうやって作られるの?」

   こんな疑問をもったことがある方もいらっしゃるかと思います。当館では、昨年に続き、シナリオ入門講座として「はじめてのシナリオ」教室を開催しました。今年は2月22日、3月19日、3月29日の3日間にわたって開催しました。講師は、プロデューサーとして『刑事貴族』(日本テレビ系列)などを担当し、劇場支配人を経て「午前十時の映画祭」の作品選定委員を務めている武田和さんにお越しいただきました。

   1日目は講義形式でシナリオの基本をお話しいただき、参加者の皆様にはいくつかの課題をもとに、シナリオづくりにチャレンジしていただきました。2日目は提出していただいたシナリオに、武田さんがそれぞれコメントするかたちで講義が進められました。そして、第2稿を提出していただき、最終日に、武田さんが選んだ4作品をもとにシナリオ創作の秘訣をお話しいただきました。

   画面で見せることが土台にあるシナリオは、小説とは表現において違いがありますが、そこにはシナリオならではの面白さがあります。当館の情報資料室にはシナリオ関連の書籍が置いてありますので、ぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。            (文)