ハリウッドの名カップルたちをご堪能いただけましたか?

16/09/11

まだまだムシムシ暑さが続く今日この頃、最近は夏らしい晴れたお天気の日も減ってきて、台風の話題が後を絶たず、秋雨前線といった言葉もチラホラ聞かれるようになりました。皆様、この夏はいかが過ごされましたでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

7月15日から始まった企画展「夢みるハリウッド-映画に頬を寄せて」も、本日をもって会期終了を迎えました。
ここ数年、毎年夏はハリウッド映画に関する展示を開催してきましたが、今年のテーマは「ハリウッド・カップル」。
『カサブランカ』のイングリッド・バーグマン&ハンフリー・ボガード(2人はそれぞれロベルト・ロッセリーニ監督、女優のローレン・バコールの組み合わせでも公私にわって素晴らしいカップルでしたね)や、数多のミュージカル映画で共演してきたフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャース、映画好きならば誰もが憧れるジョン・カサヴェテス監督と女優のジーナ・ローランズなど皆様が思い浮かべる名カップルがこれでもかと勢揃いし、ロマンチックな気分に浸れる展覧会になったのではないかと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

映画上映の方も、『風と共に去りぬ』『カサブランカ』『グレン・ミラー物語』『地上より永遠に』『慕情』…と、豪華ラインナップを取り揃えましたので、真夏の時期にも関わらず連日満席、多くのお客様にお越しいただくことができました。特に『慕情』はチケット発売当初から大変人気が高く、上映後も皆様実に満足げな表情で帰られていたのが印象に残っています。お断りした方も多かったので、この作品は早いうちにまた上映ができたらいいな、と思いました。
実は一見わからないのですが、この夏から当館では、DCPというデジタル上映の設備を導入しました。これまで、フィルム映写機をメインに、フィルム素材がない時はブルーレイで対応していたのですが、ハリウッドの旧作はDCPという最新の環境がないと上映自体が叶わないことも多く、作品の選択の幅を広げるために、環境を整えたわけです。
今回の作品もそのほとんどが、DCP導入の結果上映ができるようになった映画なので、多くの方に喜んでいただけたことは、当館として何より嬉しいことでした。
また、フィルムにはフィルムの良さがたくさんあるのですが、黄金期のハリウッドの名作を、美しい画質でお届けできたのもやはりDCP導入の成果だったので、今後はフィルムとデジタルを上手く使い分けていく考え方が大事なのかもしれません。

2ヶ月間という短い間の開催だったので、あっという間に終わってしまったような感もありますが、ご来館いただいた皆様、どうもありがとうございました。

明日から4日間の展示替えを経て、16日(金)からは特別展「世界のクロサワとミフネ-監督 黒澤明と俳優 三船敏郎」が始まります。こちらは来年1月半ばまで、4ヶ月間にわたっての開催ですので、秋から冬にかけての過ごしやすい時期、是非足をお運びいただけますと幸いです。
スタッフ一同ご来館をお待ちしております!(胡桃)

Print