企画展「映画が恋した世界の文学」終了しました!

16/03/14

12月18日(金)より開催してまいりました、企画展「映画が恋した世界の文学」は3月13日、ぽかぽか陽気の日曜日をもって(ただし夕方から急激に冷え込みましたが)無事に終了いたしました。

Exif_JPEG_PICTURE

展示室には歴代の名画のポスターがズラリと並び、関連上映の方も知らぬ人はいない名作ばかり。
映画がいかに文学に多くを負ってきたか、そしていかに多くの映画が文学を原作にしているかを改めて実感した企画となりました。
その一方で、文学こそ映画によって変化してきたのだ、という画期的なお話を展開してくださった池澤夏樹さんの講演会、『第三の男』の音楽を手掛けたアントン・カラスの愛弟子であり、日本におけるチター演奏の第一人者である内藤敏子さんによるチター演奏とトークという贅沢な催しという大変有意義な2つのイベントを、ゲストの方々のご協力のもと行うことができました。
日も短く寒い冬の季節、束の間の楽しい時間を当館で過ごしていただけたのでしたら、これ以上の喜びはありません。

Exif_JPEG_PICTURE

 

鎌倉市川喜多映画記念館では、3日間の展示替え休館を挟み、3月18日から7月10日まで、特別展「鎌倉の映画人 映画女優 原節子」を開催します。
残念ながら、昨年9月5日にこの世を去った伝説の女優、原節子。1963年に引退してからは公の場に姿を見せることなく、私たちの心の中で永遠に輝き続ける原節子さんは、この地で余生を送ったこともあり、鎌倉と大変縁の深い映画人です。
写真家・秋山庄太郎氏によるポートレート、出演映画のポスターなど、在りし日の原節子さんを偲びつつ、彼女の活躍を辿れる内容になっています。4月からは出演作品の上映も始まります。
工事中だった八幡宮前の段葛が3月末に開通し、桜から新緑、紫陽花の季節と、これから鎌倉は1年で最も美しい季節を迎えます。鎌倉散策、観光と併せて是非お立ち寄りください。お待ちしております!(胡桃)

Print