友だちのうちはどこ? Vol.3

上映日:2014年 3月7日午前10時30分、午後2時、8日9日午後2時

鎌倉市川喜多映画記念館では現在『エキプ・ド・シネマの40年 世界に名画を求めて』の企画展と名作映画の上映を行っております。
3月からは“世界の名画セレクション”として4作品が上映されます。その中から、今回は「友だちのうちはどこ?」について少し紹介します。


映画『夏時間の庭』より

3月7日、8日、9日に上映する「友だちのうちはどこ?」はイラン映画です。単館でロードショー公開された映画ですが、名作を改めて多くの人々に見て貰いたいと企画された『午前十時の映画祭』に「風と共に去りぬ」などと共に選ばれ上映された作品です。イランというと、最近ではアメリカとの対立など政治絡みでしかその名を聞かないという方も多いのでは。ただ、前身のペルシャからは古代文明に至るまでの多くの歴史を思い浮かべる方もまた多いのではないでしょうか。もしかしたら、イラン映画は初めてと言う方もいらっしゃるかもしれません。なじみのないものは手が出しづらいかも知れませんが、観ないのは損です。今やイランを代表するアッバス・キアロスタミ監督のこの作品は、観終わった後、心に優しい風を必ずや吹き込んでくれると思います。そして、ちょっとだけイランという国を知って、身近に感じられるようになるかもしれません。

映画はその国、その時、そこに生きる人々を見せてくれる、最も良いツールです。映画一作品を見ただけでその国がわかるなんてことはあり得ませんが、ニュース映像とは違う世界を見ることができるのも、また事実です。

(2014 02 26)